TV

世界!日本行きたい人応援団(テレビ東京7月20日)

皆さんこんにちは、ねこまねきです。ねこの齎す幸福度は何よりも深い。

さて、英語圏在住の当方ですが、日本のTVはかなり見ている方です。その理由は追々書くとして、今回はテレビ東京「世界!日本行きたい人応援団 人生変わっちゃったSP」の雑感を。

こちらの番組は、何かしらの日本文化を愛する諸外国の方々を日本にお招きし、文化体験をする事で、その理解を深めて頂くというもの。昨今、所謂 "日本礼賛番組"が乱立していますが、こちらは非常に好きな番組で、現在住地の友達の中にも、毎回見ているというファンもおります。
https://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/backnumber/

今回は「人生変わっちゃったSP」。既に日本にお招きした方の中で、人生が好転した方を取り上げておりましたは、そんな中でも、ここでご紹介したいのは、炊き込みご飯を愛するポーランド男性、マルチンさん「日本で炊き込みご飯の作り方を学び、炊き込みご飯のお店を出して、ポーランドの人に食べてほしい」とのことで、オーディションに勝ち抜いてらっしゃいました。

マルチンさん、「炊き込みご飯は、土鍋で炊くと美味しくなると聞いた」とのことで、まずは日本屈指の土鍋の産地、三重県伊賀市へ。伊賀焼の窯元で料理家の福森道歩さん(なんという素敵なお名前なのでしょう)の元にお勉強に行かれていました。下記「スゴイぞ土鍋」の作者様です(眞鍋かをりさんも「持ってるー!」と仰ってましたが、当方も実家で所有。土鍋が如何に万能かが分かります)。

器多様の使い方ができる優秀な調理器具――それが土鍋です...

そんな土鍋の達人、福森道歩さんによる炊き込みご飯のコツがコチラ

  1. お米は2時間以上浸水。調味料が入るとお米は水を吸わない。
  2. 昆布だしに、塩、酒、みりん、醤油を。
  3. 具材を加えたら真ん中に穴を開ける。
  4. 最初は弱火で5分。蓋が軽かったら重し。
  5. 5分経ったら、一気に強火に。
  6. 沸騰したら弱火に。
  7. 最後に10秒間、強火に。水分が飛んでお焦げ完成。
  8. 5分間蒸らす。

旨味成分のアミノ酸やイノシン酸がよく出るのが50-60度。保温性に優れた土鍋は、その温度を長く保てるので、旨味を引き出しながら炊くことができるおだとか。ああ、美味しそうが過ぎる。土鍋を買って、ヴィーガンメニューに加えたい(自宅内ヴィーガン中)。

その後は三重県九鬼町の田崎ますみさん、川上則之さん、田崎祐一さんの元で、家庭料理”さかなごはん”という魚の炊き込みご飯の作り方をお勉強。こちらは家庭料理とのことで、炊飯器で。

  1. ぶり、米8合、干し椎茸、人参、ゴボウ、刻みネギ、
  2. 酒160CC、薄口醤油120CC、濃口醤油40CC、砂糖大さじ4。
  3. (一瞬映った、田崎さんの達筆レシピより。)

美味しそうに召し上がるマルチンさんに、涙が出ると仰って喜ぶ田崎さんと皆さん。なんていう幸せな世界…。翌日には川上尚子さん他の皆さんが歓迎会を開いて下さり、美しい町の美しい人々との時間を過ごしたマルチンさんでした。

それから1年。ポーランドに帰ったマルチンさんから、ビデオレターが届きます。
現在は、ポーランドの人に炊き込みご飯を食べてほしくて、炊き込みご飯教室を開催しているのだとか。近年の和食ブームもあり、寿司屋ラーメン以外にも関心が高まっているそうです。更にご自身のお店「YATTA Ramen」でもお客さんにお出ししており、メニュに加える事を検討しているのだとか。調べたらFBがありました。ポーランドに行けたら、行こう。
https://www.facebook.com/YattaBowl/?ref=page_internal

現在、当方が住んでいる街では、やや高級な和食屋さんに行けば、炊き込みご飯は食べられます。でも、まだ「炊き込みご飯」という存在は、浸透していません。「TAKIKOMI」として知られ、食べたくなったら 気軽に行けるレストランができる日を心待ちにしております。

ヒトよりねこ、but ねこまんまよりは、炊き込みご飯。

保護ねこ7匹と暮らす樺木 宏氏による本。ねこと暮らせば幸せは来る。







-TV
-, , , , , , ,

© 2020 ねこまねき Powered by AFFINGER5