音楽

David Bowie、MTVにおける黒人差別を猛批判(1983)

David Bowieと当時の時代背景

1980年、大阪(鋤田正義)

2016年1月10日に惜しくも亡くなった、David Bowie。抜群のカリスマ性、七変化する世界観を以て世界を魅了し続けてきたレジェンドの逝去に、世界が悲しみに暮れました。長らく伏せっていた中で作られた待望の新作『Black Star』をリリースした直後という事もあり、驚いた方も多かった事でしょう。

今回ご紹介する動画は、1983 年にリリースされたアルバム『Let’s Dance』のプロモーションの一環で、MTVのインタビューに答えたもの。MTVは1981年に開局し、”ミュージックビデオを24時間流し続けるチャンネル”として一大旋風を巻き起こしたのですが、開局から数年に渡って黒人アーティストを殆ど取り上げていなかったのです。

因みに1983年と言えば、前年末にアルバム『Thriller』を発売したMichael Jacksonが、世界中にMJ旋風を巻き起こした年。83年1月にシングル「Billie Jean」、2月に「Beat It」を発売し、5月にはMotown25周年コンサートでムーンウォークを初披露、そして12月には映画仕立てのミュージクビデオ「Thriller」をお披露目し、その人気を不動のものとしました。それぞれのミュージックビデオ(MJの場合は”SF=ショートフィルム”)はレコード会社のゴリ押しによりMTVでもオンエアされ、結果、宇宙一のスーパースターが誕生することになるのですが、当時はボウイが言及しているように、明らかな構造的人種差別が見られる中での事だったのです。

David Bowie Criticizes MTV for Not Playing Videos by Black Artists

Bowie: It occurred to me, having watched MTV over the last few months, that’s it’s a solid enterprise, really. It’s got a lot going for it. I’m just floored by the fact that there are so few black artists featured on it. Why is that?

この何ヶ月かMTVを見ていて思ったんだけど、これはしっかりした事業だね。本当に。可能性を秘めている。ただ黒人アーティストが殆ど取り上げられていないのには驚いた。どうしてだろう?

Goodman: I think we’re trying to move in that direction. We want to play artists that seem to be doing music that fits into what we want to play for MTV. The company is thinking in terms of narrow-casting.

MTVはその方向(=黒人アーティストを放送する方向)に進もうとしていると思います。我々は、MTVの方向性に合致する音楽を奏でるアーティストを放送したいと考えています。限られた視聴者へ向けた放送を考えているんです。

Bowie: That’s evident. It’s evident in the fact that the only few black artists that one does see are on about 2:30 in the morning to around 6. Very few are featured predominantly during the day.

夜中の2時半から6時の間だけ、たった数名の黒人アーティストが見られるけど、日中に取り上げられる黒人アーティストは僅か一握りに過ぎない。明らかだ。

Goodman: No, that’s a …

いや、それは…

Bowie: I’ll say that over the last couple of weeks, these things have been changing, but it’s a slow process.

この2週間の間でそういった状況は変わってきてはいるけど、動きが遅い。

Goodman: It’s funny, I think people have different perceptions. When you wind up watching -- let’s say you watch an hour or two or even three a day, people somehow come away with different ideas about what we are doing. We don’t have any kind of day-parting for anything, let alone for black artists, day-parted out of what would be “prime time.” We don’t have that.

面白いのですが、人は皆、認識が違うと思うんです。例えば1時間か2時間、いや、3時間MTVを見たとしましょう。人はどういうわけか、我々がやっている事に対してまちまちな感想を持ちます。我々は、時間帯によってターゲットを定めて放送するような事はしません。言うまでもなく、黒人アーティストに対してもです。特別な時間が分割されているに過ぎない。”デイパーティング”はしないんです。

Bowie: Because one sees a lot on -- there’s one black station on television that I keep picking up. I’m not sure which station it’s on. But there seem to be a lot of black artists making very good videos that I’m surprised aren’t used on MTV.

僕が好んで見ている黒人放送局があるんだけど。どの局なのかは定かではないんだが。沢山の黒人アーティストが、とても素晴らしいビデオを作っていて目を見張っているんだが、それらはMTVでは使われていない。

Goodman: Of course, also, we have to try and do what we think not only New York and Los Angles will appreciate, but also Poughkeepsie or Midwest -- pick some town in the Midwest -- that would be scared to death by Prince, which we’re playing, or a string of other black faces and black music.

我々は、NYやロス(=先進的で差別の少ない地域の意)の視聴者だけでなく、ポキプシーや中西部(=遅れていて差別が蔓延している地域の意)の視聴者にも喜ばれる放送をしなければなりません。プリンスや…彼はMTVでもオンエアしていますが…その他の黒い顔や黒い音楽などを死ぬほど遅れているような地域を思い浮かべて下さい。

 MTVで放送された初の黒人アーティスト。「1999」が初。
こちらが2曲目。
全米で400万枚を売り上げた殿下5枚目のスタジオアルバム。

Bowie: That’s very interesting. Isn’t that interesting?

(苦笑)興味深いね。興味深くないか?

Goodman: We have to play the music that we think an entire country is going to like. And certainly we are a rock ‘n’ roll station. Now, the question would be asked, should, since we’re in New York, should [W]PLJ play, you know, the Isley Brothers. Well, you and I might say, well, yeah, because we’ve grown up in an era when the Isley Brothers mean something to me. And so do the Spinners way after the Isley Brothers. But what does it mean to a 17-year-old? Well, when you talk on the phone to these guys like I did when I was in radio, it’s scary.

我々はアメリカ全土が好きになる音楽をかけなければなりません。我々はロックンロール局なんです。我々は今NYにいますが、WPLJ(非営利のコンテンポラリークリスチャンミュージックラジオ)はIsley Brothersをかけるでしょうか?あなたや私は、かけると言うかもしれません。何故ならIsley Brothersが意義深い時代に育ったので。Spinnersもそうです。しかし今の17歳にとってはどうでしょうか?私がラジオDJだった時のように、MTVで電話で彼らと話したりしたら。恐ろしい事です。

後にAaliyahがカバーした名曲。
50年に渡るキャリアを誇るアイズレーブラザーズ。初心者はベスト盤を。
MotownとAtlanticで大活躍。
大体の名曲が網羅されているベスト版。

Bowie: Well, I tell you what it means. I tell you what maybe the Isley Brothers or Marvin Gaye means to a black 17-year-old. Surely he’s part of America as well.

それがどういう意味かを言おう。Isley BrothersやMarvin Gayeが黒人の17歳にとってどんな意味があるか教えよう。当然ながら、彼だってアメリカの一部だ。

1984年、牧師でDV野郎で女装家の父親に殺されたマーヴィンの名曲、2019年バージョン。
人類必携の名盤。

Goodman: Ah, no question. No question. That’s why you’re seeing those things …

勿論です。異論はありません。だから…

Bowie: Do you not find that it’s a frightening predicament to be in?

これが如何に危険な状況になり得るか、分からないのかな? 

Goodman: Yeah, but less so here than in radio.

ええ、でもラジオ(で同じ差別が起こる)よりはマシかと。

Bowie: And is it not, well, dare say, “It’s not me, it’s them.” Is it not possible that it should be a conviction of the station and of other radio stations to be fair? It does seem to be rampant through American media. Should it not be a challenge to try to make the media far more integrated in …

「僕じゃなくて、MTVが…」という事かな。公平である事を、TV局やラジオ局の信念とする事は不可能なのだろうか。(差別は)アメリカのメディアには蔓延しているように見える。メディアをもっと平等なものにする為に立ち向かうべきではないだろうか?

Goodman: I think it’s happening.

そうなりつつあると思います。

Bowie: … especially, if anything, in musical terms?

特に、音楽業界においてなんだが?

Goodman: Absolutely, I think it’s happening because white music and white musicians are now starting to play now more than ever -- more than they have lately, let’s say in the last 10 years -- what black artists have been into. And now, hopefully, the lines are going to start to blur. And when we play a band like ABC, well, there’s white and black kids who are enjoying it. And all of a sudden, well, it’s a little bit easier for a white kid to understand it. The fact is -- quite frankly, I could even point you towards a letter in the new issue of the Record -- the magazine, the Record -- responding to an article by Dave Marsh, that this kid just ranted about what he didn’t want to see on MTV ...

勿論です、そうなりつつあると思います。何故なら白人の音楽と白人ミュージシャンは、未だ嘗てなく多くなってきています、この10年の間で。黒人アーティストがそうであったようにです。そして今や、願わくばですが、その境界線が曖昧になってきました。ABCのようなバンドをオンエアすると、白人でも黒人でも子供たちが楽しんでいる。突然、白人の子供でも理解するのが少し簡単になったんです。実際、率直に言うと、Dave Marshの記事に応えた雑誌記事に、MTVで何を見たくないか喚いたっていう記事があって…

Bowie: [Speaking over Goodman] Well that’s his problem.

それは彼の問題だ。

Goodman: ... and in no uncertain terms. Well, what I’m saying, though, is that there’s, as you say, there certainly are a lot of black kids and white kids who may want to see black music, but there’s a ton of them who are -- it’s not like it was in ’67 where you say, “Yeah, I’m not into that, but you are? Yeah?” Now it’s, “You’re into that? I don’t like YOU.” And that’s scary, and we can’t just turn around and go, “Well, look, this is the right way!” We can only teach, I think, a little bit at a time.

はっきりとです。つまり言いたいのは、あなたが言ったように、ブラックミュージックを見たいという沢山の黒人の子供や白人の子供がいる。でもそこには沢山の…67年のようにはいかないんです。「へえ、自分はそんなに興味ないけど、君は?へえ、興味あるんだ?」じゃなくて、今は「え、興味あんの?お前、嫌いだわ」になる。それって怖いですよね。だから我々は「見て、これが正しいんだよ!」なんて事はできない。少しずつ教えていくしかないんです。

Bowie: Interesting. OK, thank you very much.

興味深いね。有難う。

Goodman: Does that make sense? Is it a valid point?

意図は伝わりましたか?理にかなってます?

Bowie: [Smiling]: I understand your point of view.

君の意見は分かったよ。

Bowieお勧め動画

ボウイは多作な上に、時代やアルバムによってかなりテイストが変わる為、お勧めがとっても難しいのですが…(そして未だに映像を見ると少し泣けてしまうので選ぶ作業も大変なのですが…)。

名盤Let'sDanceより愛する一曲を。
Nile Rodgersを迎えて制作したボウイの14枚目のアルバム。当時の「イマドキ」な音を採用した事で賛否は起こったが、捨て曲のない分厚い仕上がりで爆発的に売れた(筆者は愛している派)。ギターにStevie Ray Vaughanを起用した事でも有名。
Marvin Gayeらが書いたMartha and the Vandellas(Motown)、Dancing in the streetのカバーwithミック。
オフィシャルはこちら。爆&笑。
Live Aidの為に制作されたMickJaggerとの共作。Motown by British Invasion。

-音楽

© 2020 ねこまねき Powered by AFFINGER5