【大人のお勉強】集中力の付け方4選【集中力は筋トレです】

こんにちは、ねこまねきです。
猫と人間が戦争をしたら、猫側につきます(爆笑問題田中さんの受け売り)。

今回は、大人になってから何かしらの勉強をしている方で、
「やる気はある!でも集中力がもたない!」
という方へお届けします。

自分がお好きな事を行う際には集中力を発揮できても、
いざ英語を勉強するのに集中力がもたない!!
やる気はあるのに!!本気なのに!!何でなんだ自分!!
…という方、少なくないと思います。

集中力は筋トレと同じです。
筋トレ初心者が、いきなり重いバーベルは上げられません。
徐々に筋肉を付けながら、少しずつ重くするものです。
「本気」という湧き上がる気持ちがあるなら集中できる筈…!
「本気」という湧き上がる気持ちがあるから、あの子をゲットできる筈…!

そんな事はございません。

ということで今回は、
お勉強嫌いが集中力を付けるためのご提案です。
どれか一つでもお役に立ちますように。

※既に集中力のある方、賢い方で、
更なる集中力を身につけたい方は、
スポーツ選手が実践しているような、
最新科学に基づいた方法をお試しになると良いかと思います。
ここでは主に、英語初心者、お勉強初心者の方を対象としています。

1、集中時間と休憩時間を設定する。

鍛えていない人間の集中力は、
それ程はキープできないと言われます。

我を忘れて集中する事もあるでしょうが、
体調や精神面のコンディションによっては、そうもいかない。

では、お勉強のできる方々が何をしているかと言うと、
集中時間と、休憩時間を上手に使い分けているのです。
その塩梅がうまい子ほど、成績が良い。

つまり、短時間ガッと集中して、
一度、脳を休ませる。
それを繰り返すのがコツと言えます。

因みに昨今の当方、
集中して何かを頭に叩き込まなければならない時は、
まずSiriに、20分経ったら教えろと伝えます。
「Hey Siri, please let me know when 20 mins is up! 」
(Siriにもご丁寧にpleaseって言う。)

20分経ったらアラームを鳴らしてくれるので、
そこで集中力が続いていれば継続、
続いていなければ5-10分休憩します(適当)。

休憩中は、
爆音で好きな曲を1-2曲聴くか、
短い漫才やコントを見ながら、
筋トレをワンセット行います。
又はアプリを使って瞑想(瞑想に関しては別記しますが、
日本人の皆さんが思う所の”スピリチュアル”ではありません)。

…これ、恐らく理論的には正しいのですけれども、
偉そうに言っている当方も、
余裕でYouTubeに迷い込む事もございます。
そんな時は、身体を鍛えることで罪悪感を誤魔化す。
意思の弱いやつめ。

ということで、2つ目。

2、集中するしかない環境を作る。

勉強前は、スマホの電源を落としましょう。
時間を殺す無駄アプリを消しましょう。

※当方の授業では、パソコン不所持の生徒にはスマホを使わせて勉強させているので、そういう方は致し方なく携帯オン。但し全ての通知をオフ。
※無駄アプリと無駄人間関係は、普段から極力削ぎ落とす事をお勧めします。

当方は現在、英語圏在住ですが、
英語圏では、スマホが出現した初期段階から、
Screen Timeを気にする同僚が沢山いました。
偉い人から関係者全員に回ってくるメールに、
「明日はNo-PhoneDayにするから宜しく!みんなもそうすべし!」
なんて書かれていたりとか。

当時は、「スマホ如きに、そんなに邪魔されるもんかね」
「意思の力でどうにかなるんじゃないかね」と思っていたのですが、

現代のスマホときたら!
思っている以上に、あらゆる角度から、集中力を削いできます。

何かの通知がくれば「緊急かも?」「仕事かも?」

休憩中にインスタを見れば「ライブやってる!」

速報が入れば「●●が逮捕されたって!」「●●が選挙勝ったよ!」

これ、全部集中力を削いでいます。
本気で勉強したいなら、スマホは強制的に排除するのが一番。

逆に、ライブや選挙を楽しみたいのであれば、
「今は勉強をする時間ではない」と割り切って、楽しみましょう。
昔から、成績の良い子でも、最新の漫画はチェック済みだったりするものです。

その他、
机の上には、たった今 勉強するもの以外は置かない。
飲み物やスナック等は予め用意しておく、など、
とにかく「勉強する環境を整える」と宜しいかと思います。

3、集中力がある人と勉強する

基本的な事ですが、
集中力がある人と一緒にいると、自然と集中します。

大手予備校には必ず「自習室」がありますが、
質の保たれた自習室であれば、中は静まり返っていて、
みんなが集中している状態。
心理的にも遊べる状態になりません。

大人になると、職場やビジネススクール以外で
そういった環境を手に入れるのは難しいのですが、
今はSNS等が発達しています。
バカもハサミもSNSも、使いよう!

仲間と、電話やパソコン越しに「自習室」を作り、
「30分は黙ろう」「このページを暗記するまで無言な」
「終わったら、お互いに問題出しあおう」

…このように決めて、
無理やり集中力を保つ努力をしてみて下さい。
良い仲間に恵まれると、互いに刺激し合う事ができます。
仲間探しが難航したら…Siriにでもお願いしましょう。

4、“味変”する。

これは全受験生がやっている事かと思いますが、
勉強する内容を変えましょう。

英語の勉強は、ざっくりと下記内容があります。
・単語・熟語の暗記
・文法の理解・問題集を解く
・リーディング(長文、短文)
・リスニング、ディクテーション
・様々なタイプの作文 


1つの事に飽きたら、別の作業をして下さい。
長時間、同じ事をやり続けると、飽きます。

飽きたら、中身を変えて集中力を保ちましょう。
語学は、包括的に勉強した方が効果も高い。
「とりあえずは20分」等と決めれば、なんとかなりそうですよね?

まとめ
コロナ開けには旅行したい、
移住したい、ワーホリしたいという皆さん。
今はとっても残念な気持ちを抱えてらっしゃると思いますが、
一生このままなわけはありません。

今だからこそできる事を是非頑張って頂きたいので、
どうぞご自分に合う集中力を保つ方法、見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です